カテゴリー別アーカイブ: 体験談

オリゴ糖の魅力、実際の効果・効能

オリゴ糖と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか?

何となく体に良いということを思い浮かべる方は多いかと思いますが、実際の効果・効能はよく分からない、という方もいらっしゃるかと思います。オリゴ糖の魅力について、ご紹介したいと思います!

オリゴ糖が果たす役割

オリゴ糖はギリシャ語で「少し」という意味を持ち、糖類の一種です。
私たちの体に、色んな効果・効能を発揮してくれます!

・腸内環境を整え、お通じを良くする(便秘改善)
・血糖値を上げにくくする、動脈硬化の予防など、病気や生活習慣病の予防
・ダイエット・美肌効果
・アトピー・アレルギーへの効果
・ミネラルの吸収促進

主に、この5つの効果が期待でき、特定保健用食品としても認められています。
日々忙しく働くお父さんの体へも、ダイエットや美容を意識するお母さんへはもちろんのこと、
虫歯を予防してくれるので育ちざかりのお子さんへもオススメ出来る、安心・安全なものなのです。

オリゴ糖を含む食品

オリゴ糖は20種類あり、小腸で吸収される消化性のものと、大腸まで届く難消化性のものとに
分かれます。

野菜では、アスパラ・ごぼう・たまねぎ・ねぎ・ごぼうなどに、果物ではバナナなどに含まれます。
その他、枝豆・納豆などの大豆製品、はちみつ・きな粉などの調味料にも含まれます。
肉や魚にはほとんど含まれていません。

また、オリゴ糖食品なども発売されており、砂糖の代わりに手軽に日々の生活に取り入れられるよう
になっています。

オリゴ糖の摂り方

体に良いことは分かったけれども、オリゴ糖を効率良く体に摂り入れるために、どのようなことに
気を付けると良いか?ご紹介していきます。

・ヨーグルトと一緒に食べる。
・食事中にオリゴ糖を取り入れる。
・便秘改善には、就寝前に摂取する。

オリゴ糖は、善玉菌の多く含まれるヨーグルトと一緒に摂ることで、より腸内の善玉菌が活発になる
ことが期待できます。また、食事中に他の食品と一緒に摂取することで、しっかりと腸まで届き、
腸内環境を整えてくれることが期待出来るのです。

摂取する時間帯としては、便秘改善のためには就寝前が良いとされていますが、その人によって、
効果的な時間帯は様々なので、朝食時・昼食時・夕食時・就寝前など、色んな時間帯に摂取し、
自分の体に最適なタイミングを見つけることをオススメします。

自分に合ったダイエット方法を見つけるには?

「ダイエット」女性で興味がないと言う人は少ないですよね。

一度もダイエットをした事がない女性と言うのもかなり少ないのではないでしょうか。しかし「ダイエットに成功した事がある」女性となると、実はそんなに沢山はいないのではないでしょうか。そこで大切になるのが「自分に合ったダイエット方法を見つける」と言う事です。

当たり前のようでなかなか出来ないのがこれです。運動系のダイエットが良いのか、食事制限系のダイエットが良いのか、もしくは混合でやるのか、まずはこれを見極める事が大切です。今までほとんど運動をした事がない人がいきなり運動を始めてもうまく行く可能性は低いですよね?

そして一言で「食事系ダイエット」と言っても、個人の体質で効果が出やすい食品とそうでないものがあります。例えば人気の「ヨーグルトダイエット」ですが、人によっては乳脂分を非常に身体に貯めやすく、冷えの原因になり代謝が下がり痩せる事が出来ない、と言う事もあります。

ですから大切な事は一度、じっくり自分の身体と向き合い適切なダイエット方法を見つける事です。逆に言うと、これさえわかればダイエットは半分成功したと言っても過言ではありません。実際に自分に合ったダイエット方法を見つけるには、まずは興味のあるダイエットをリストアップしましょう。そして出来そうなものから試してみます。経験上、3日続ける事が出来るものはその後も継続できる可能性が高いですし、効果を感じ始める事が出来るでしょう。運動系のダイエットは、徐々に身体を慣れさせる事が大切なのでいきなり自分に高いハードルを課さないようにしましょうね。

ダイエットに失敗する多くの理由は「短期間で結果を出そうとする」からです。ダイエットは長いスパンで取り組むく事がとても大切です。

短期間で痩せるとその後リバウンドする確率がとても高くなります。それは身体が飢餓状態になり、自己防衛本能が働くからです。なので食べたものを少しでも多く脂肪として身体に貯蓄しようとしてしまいます。

そしてリバウンドを繰り返しているとどんどん代謝が落ちて痩せにくい身体になります。
ですから、最初から「長く続ける事が出来る自分に合ったダイエット」をする事が成功のカギなのです。

自分に誇れる何かを求めて

ただ、自分に誇れるものを探して、そんな葛藤の連続です。私はとある挫折をきっかけに、自分の才能を伸ばすためには努力が必要だと言うことに気づかされました。

10歳の頃、私はスイミングスクールに通っていましたが、ライバルの存在がありました。彼女との関係事態は良好で、家族ぐるみでの交流もあったほど、仲は良かったと思います。

しかし、私の人生に大きく影響したのはお互いの人間性です。文武両道が当たり前だった私達は、勉強もスポーツも田舎の狭い地域でトップで競っていました。何事も難なくやり遂げられる、嫌な言い方だと天才肌の私と努力家のライバル。まるで少年漫画みたいな構図でしたが、実際に周りからもそう思われていました。

努力家の彼女は明確な目標をかかげ、コツコツと計画的に自分を磨き、周囲を巻き込んでいました。そんな雰囲気に流され、私は自分と言うものを持たずに、彼女がやることをただ真似ていたと思います。そんなに努力しなくても、適当なハードルを乗り越え、常に彼女と同じくらいの実力で泳ぎ続けた私を、ライバルはきっと不愉快に思っていたでしょう。

その違いが水泳の全国大会をかけた予選で、現れました。合格タイムから1秒以上速い結果を残した彼女と0.5秒遅く落選した私……当然の結果です。でも私にとって、その出来事を境に大きな壁にぶち当たることとなります。私は酷いスランプに陥り、その日から泳ぐことを嫌がるようになりました。

初めての挫折を受け入れられなかったのです。結局、私はやる気のないまま、数年後にスイミングを辞め、何かに熱中することを忘れてしまいました。勉強も今まで対してやらなくてもできたものが、中学に入ると思うようにいかなくなり、こちらも成績ダウン。やってられなくて、ヤンキー達とつるんでいたこともあります。

その頃のライバルは一流の私立中学に通い、家柄も正しい将来を歩もうとしていました。この差は何だろう……正直それが悔しかったです。今でも悔しく思っています。

それに気づいた時、私は初めて努力をしました。せめて勉強だけはと、努力をし続けて何とかそれなりの大学に合格。そして気になる彼女は私の大学よりワンランク上……でもこれは、彼女の努力の証だと受け入れています。

私はその後、大学を卒業すると大手の会社に勤めましたが、あの小学生の時の挫折が未だに頭を離れません。それは何かしら、誰にも負けない結果を残したかった……あの子に何か一つでも大差で勝ちたかった、その名残なのです。

今もそれを見つけるために、私は一番になれる何かを模索しています。生涯で一回だけ、一つだけで構いません。私にしか成し遂げられない何かを探したいと心から思っています。

毎日の生活に欠かせないカイテキオリゴ

自分では全く便秘だとは意識していませんでした。

というのも毎日なんとか便がでているのと、特にお腹が便秘で気持ち悪い感じがしなかったことでした。しかしある日突然排便時に出血がありそれが数日続き、心配なので病院へ行きました。

とても肛門科など抵抗がありましたが、大変な病気だったらそうも言っていられないと思いました。そこで言われたのが痔ということでしたが、どのくらい排便があって、どんな便なのかと聞かれました。

そしてその病院にあったパンフレットをみて、私は便秘だったんだと気がつきました。

私の排便は毎日あるものの、ころころウサギのフンのような便でした。それに排便するまでかなり時間がかかります。むりやり少しだして、便秘でないと勝手に思っていたような感じがします。その便が原因で痔になってしまったようです。おまけにお尻を温めたりしなくていつもシャワーで済ませてしまっていたりというのも色々条件が重なってしまったようです。

カイテキオリゴを飲んで便を軟らかくしたのですが、そのカイテキオリゴを飲んでいると、便をしたいとも思いますし、トイレに座るとあっという間に便がでます。それもほぼ毎日いままで以上の量がでているような気がしました。これが正常な排便なのかもなんて実感しました。

しかしカイテキオリゴをやめると元の調子に戻ってしまって。

また少し出血があったり。しかしカフェインが良くないと言われ止めていたつもりでしたが、緑茶にカフェインが入っているのを知っていたにも関わらずなんとなく緑茶はいいような気がして飲み続けていましたが、緑茶にもカフェインが入っていたと気がつき、カイテキオリゴに変えたところ、便の固さも少々柔らかくなり、ころころ便が少ししっかりした大きめの便になり、毎日それがあり、排便したいとも思うようになりました。

出血も止まり、病院へ行かなくても良くなりホッとしています。毎日カイテキオリゴは欠かせません。便がしっかりでると本当に気持ちがいいなと思います。