ドライフルーツは砂糖や油を使用していないものを選びましょう

あんずはアプリコットとも呼ばれているバラ科桜属の一種です。

ジャムやドライフルーツとして食されます。種子は杏仁といわれ、杏仁豆腐などお菓子に利用されます。あんずにはβカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは体内で必要なだけビタミンAに変換されます。

ビタミンAは粘膜や皮膚を健康に保つために必要な栄養素です。粘膜には外から侵入した細菌やウイルスから守る働きがあります。粘膜が健康に保たれることで細菌やウイルスの侵入を防いで風邪の予防になります。

健康な皮膚を保つので乾燥肌の改善やニキビの予防にも働きかけます。また、カリウムも豊富に含んでいます。塩分の過剰摂取は体内に水分をため込んで高血圧やむくみにつながります。

カリウムには余分な塩分と水分を排泄して、高血圧やむくみを予防する働きがあります。外食、インスタント食品、ファストフードなど現代は塩分が多い食品があふれていて、こういったものを食べる機会が多いので、意識してカリウムを摂取することが大切です。

食物繊維も豊富です。食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性食物繊維は便のカサを増やして腸を刺激する働きが、水溶性食物繊維には糖や脂肪の吸収を抑制したり、腸内の善玉菌のエサになる働きがあります。

食物繊維を摂ることで便秘の解消が期待できます。食物繊維は野菜、果物、海藻などに多く含まれていますが、外食が続いたり加工食品ばかりの食事だと不足しがちです。野菜や果物を食べようと思っても、調理をする時間がなくて食べれないこともあると思います。しかし、あんずならおやつとして手軽につまむことができ、食物繊維を簡単に補えます。

干しあんずは水分が少なく濃縮されているため、生のあんずに比べてカロリーが高いです。ドライフルーツはおいしくてつい食べ過ぎてしまいますが、カロリーの摂りすぎは肥満の原因となるので食べ過ぎには気をつけましょう。ドライフルーツは砂糖や油を使用していないものを選びましょう。